理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
Events/Documents イベント・広報

第6回 スパコンを知る集い in 仙台 〜「京」からポスト「京」へ〜 開催報告 (2016年3月19日)

講演会 スパコンを知る集い in 仙台 〜「京」からポスト「京」へ〜 開催報告

 2016年3月19日(土)に「スパコンを知る集い in 仙台」をAER(アエル)5F 仙台市情報・産業プラザ 多目的ホール(仙台市青葉区中央1-3-1)において開催しました。
 今回、164名の方にご参加いただきました。ありがとうございました。
 各講師のプレゼンテーション要旨につきましては、こちらからご覧いただけます。プレゼン資料ついては講演要旨各タイトルのリンクよりPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
 なお、当日回収させていただきましたアンケート調査の結果はこちらをご覧下さい。次回以降の開催の際の参考とさせていただきます。ご協力ありがとうございました。

■概要

  • 講演会名:スパコンを知る集い in 仙台 ~「京」からポスト「京」へ~
  • 主  催:理化学研究所 計算科学研究機構
  • 後  援:宮城県・宮城県教育委員会・仙台市・仙台市教育委員会
  • 開催日時:2016年3月19日 土曜日 13時30分~16時(受付13時〜)
  • 開催場所:AER(アエル)5F 仙台市情報・産業プラザ 多目的ホール(仙台市青葉区中央1-3-1)

■プログラム

13時30分~13時35分

主催者挨拶

13時35分〜13時50分

動画上映『技術の壁を突き破れ!~スーパーコンピュータ「京」の開発~』

13時50分〜14時20分

参加者からの質問コーナー

横川 三津夫(計算科学研究機構/神戸大学・教授)
休憩
14時35分~15時15分

防災・減災のための地震シミュレーション
~スパコンで都市を丸ごと揺らす~

堀 宗朗(理化学研究所 計算科学研究機構・ユニットリーダー)
15時15分〜15時55分

自動車開発を支えるスーパーコンピュータ
~京が拓いた次世代の空力シミュレーション~

坪倉 誠(理化学研究所 計算科学研究機構・チームリーダー)
15時55分〜16時

エンディング

■講演要旨

講演する堀宗朗先生の写真

堀 宗朗

理化学研究所
計算科学研究機構・ユニットリーダー

防災・減災のための地震シミュレーション
~スパコンで都市を丸ごと揺らす~

地震や地震が引き起こす津波からの防災・減災を進める第一歩は将来どのような災害が起こりうるかを考えることです。このためには、都市の地震をできるだけ正確に推定することが有効です。スパコンを使うことで、地盤の揺れから建物の揺れに至るまで、都市の地震を丸ごと計算するようなシミュレーション(模擬実験)が世界で初めて実現され、実用段階に入りつつあります。本講演ではスパコンを使った都市の地震の丸ごとシミュレーションを紹介します。

講演する坪倉誠先生の写真

坪倉 誠

理化学研究所
計算科学研究機構・チームリーダー

自動車開発を支えるスーパーコンピュータ
~京が拓いた次世代の空力シミュレーション~

自動車開発では、様々な場面でスパコンを活用したものづくりが進められています。本講演では、自動車会社が持つスパコンの数百倍大きな京コンピュータを使って、自動車会社と連携して開発した次世代の自動車空力シミュレーションについてお話しします。さらに時代は「京」から「ポスト京」へ、スパコンの活用により大きく変わる次世代のものづくりについて、紹介します。

■当日の様子

当日の様子の写真

■アンケート調査結果

※164名中149名が回答
※各問いをクリックすると拡大します

Q1.性別を教えてください。 Q2.年齢を教えてください。 Q3.ご職業を教えてください。
Q4.どちらからお越しになられましたか。 Q5.スパコンを知る集いの開催をどこでお知りになりましたか。(複数回答)
Q6.講演内容について    

■問い合わせ先

国立研究開発法人理化学研究所
計算科学研究機構 広報国際室
TEL:078-940-5596
E-mail:shirutsudoi[at]riken.jp([at]を@に修正後お送りください)
URL:http://www.aics.riken.jp/shirutsudoi

印刷用チラシデータはこちらからダウンロードしていただけます。【pdf 817KB】 チラシのサムネイル