理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
Events/Documents イベント・広報

見える化シンポジウム2017 ~シミュレーションの価値~ 開催(3月11日・東京)

見える化シンポジウム2017

科学技術の価値を、社会にどのように伝えるか?スーパーコンピュータを使ったシミュレーションなどの計算科学分野を中心に、研究成果の広報活動に第一線で関わってきた講師陣とともに、科学と社会のつながりの「見える化」について考えてみませんか?
※参加者全員に「シミュレーション図」ポスターを配布!

開催日時

2017年3月11日(土)13:00~18:00
(展示11:00~16:40)

開催場所

東京・日本橋ライフサイエンスハブ
(東京都中央区日本橋室町1-5-5・室町ちばぎん三井ビルティング 8F)
アクセス
※最寄は東京メトロ「三越前」A4 出口です。コレド室町3 併設の建物です。
※当日は地下通路(地下1F)からはご入場いただけません。1Fのオフィスエントランスよりお入りください。

参加費

無料(定員150名)

参加対象

サイエンスの広報に携わる方、研究者、一般の方

参加登録

参加登録フォームからお申込みください。
事前登録申込締切:3月9日(木)17:00 (定員になり次第締切ります)

プログラム

時間 プログラム
11:00-16:40 展示(講演前から開始)
13:00-13:05 開会挨拶
宇川 彰(理化学研究所計算科学研究機構 副機構長)
13:05-13:10 来賓挨拶
工藤 雄之(文部科学省 計算科学技術推進室 室長)
13:10-13:25 課題提起「テレビでのシミュレーションCG」 
石戸 功一(㈱NHKエデュケーショナル科学健康部 シニアプロデューサー)
13:25-13:40 課題提起「ケイサン ブッシツ カガク」 
藤堂 眞治(東京大学大学院理学系研究科 准教授)
13:40-14:10 講演「シミュレーションの正体」
小阪 淳(美術家)
片桐 暁(コピーライター/クリエーティブディレクター)
14:10-14:40 講演「シミュレーションは科学研究のツールなのか」
吉戸 智明(理化学研究所 計算科学研究推進室)
14:40-14:55 休憩(展示)
14:55-15:25 講演「社会から見た『シミュレーションの価値』」
鶴田 宏樹(神戸大学学術・産業イノベーション創造本部/神戸大学大学院工学研究科 道場「未来社会創造研究会」)
祗園 景子(神戸大学大学院工学研究科 道場「未来社会創造研究会」)
15:25-16:25 特別講演「サイエンスをどう社会に伝えるか」
竹内 薫(サイエンス作家)
16:25-16:40 休憩(展示)
16:40-17:55 パネルディスカッション「『シミュレーションの価値』を伝える!」
17:55-18:00 エンディング

お願い・注意事項

下記について、予めご承知の上ご参加ください。
・当日の様子は記録として撮影(動画・写真)させていただきます。撮影内容は、広報活動の一環として、ウェブサイトやFacebook、広報誌等に掲載させていただくことがあります。
・報道機関が取材や撮影を行い、参加者のみなさまの様子なども含め、報道されることがあります。
・イベントの内容・スケジュールは変更になる場合があります。

主催

理化学研究所 計算科学研究機構(RIKEN AICS)

協力

ポスト「京」重点課題実施機関、高度情報科学技術研究機構(RIST)、豊橋技術科学大学


問い合わせ先
理化学研究所 計算科学研究推進室
担当:岡田、松尾
Tel: 078-940-5625/5782
Email: mieruka[at]ml.riken.jp([at]は@にしてください)