理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
Learnmore もっと知りたい

一般公開 ミニ講演会 スパコンで薬をつくる 重点課題①生体分子システムの機能制御による革新的創薬基盤の構築

[ 2016年11月05日 ]

医薬品の開発はとても難しく、10年以上の長い年月と1000億円以上の費用がかかると言われている。そこで私たちは、スパコン「京」を使って、より速く、より正確に医薬品を予測することによって、より良い医薬品をより安く開発することを目指している。本講演では、これからの医薬品開発には欠かせないスパコンの威力を紹介する。
2016年一般公開のミニ講演会。
www.med.kyoto-u.ac.jp/ www.riken.jp/ www.ibri-kobe.org/laboratory/

※Flash動画に関しては、PC端末より閲覧頂くようお願い致します。

0
講師プロフィール 一般公開 ミニ講演会 スパコンで薬をつくる 重点課題①生体分子システムの機能制御による革新的創薬基盤の構築
名前:奥野恭史 所属:京都大学医学研究科 教授
理化学研究所QBiC/AICS客員主管研究員 / RC副グループディレクター
先端医療振興財団 先端医療センター研究所 
グループリーダー
略歴:外部ページ

eラーニングアーカイブ カテゴリー

  • 講義(コースから探す方へ)
  • 講義(新着順に探す方へ)
  • 講演・シンポジウム
  • ダウンロード資料集