理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
Learnmore もっと知りたい

一般公開 ミニ講演会 「京」が拓く未来の天気予報

[ 2016年11月05日 ]

「京」を使って、雨雲を細かくシミュレーションできるようになった。また、最新鋭のフェーズドアレイ気象レーダにより、30秒毎に鉛直100層という超高頻度・高解像度で雨雲の動きを観測できるようになっている。これらの「ビッグシミュレーション」と「ビッグデータ」を同時に扱う「ビッグデータ同化」の技術革新により、突発的なゲリラ豪雨を100mメッシュで緻密にシミュレーションし、30分前から予測することを目指す。
この最新の研究成果を紹介した2016年一般公開のミニ講演会。

※Flash動画に関しては、PC端末より閲覧頂くようお願い致します。

0
講師プロフィール 一般公開 ミニ講演会 「京」が拓く未来の天気予報
名前:三好建正 所属:理化学研究所 計算科学研究機構 データ同化研究チーム チームリーダー 
略歴:外部ページ 著書:外部ページ

eラーニングアーカイブ カテゴリー

  • 講義(コースから探す方へ)
  • 講義(新着順に探す方へ)
  • 講演・シンポジウム
  • ダウンロード資料集