2D-DMRG

2D-DMRGは、強相関系の研究を目的として開発された密度行列繰り込み群法(Density Matrix Renormalization Group, DMRG)のプログラムです。京コンピュータの利用を想定して開発されており、大規模並列計算に対応しています。密度行列繰り込み群法は、通常、1次元系の研究に利用されますが、この2D-DMRGは2次元系を初めとする多次元系への応用を想定して開発されており、任意の形状、様々なタイプの量子格子模型に対応しています。

利用条件

しばらくは、サポートの観点から2D-DMRGの利用を基本的に京コンピュータ上に限らせていただきます。
利用を希望する方は、理研AICS量子系物質科学研究チームまでご相談ください。

紹介

準備中

リリース情報

2015/8/7 Ver.1.0.0 公開

利用方法

理研AICS量子系物質科学研究チームまでご連絡下さい。

マニュアル

準備中

2D-DMRG講習会資料はこちら