理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
ポスト京開発プロジェクト フラッグシップ2020プロジェクト

ポスト「京」・フラッグシップ2020プロジェクト

FLAGSHIP 2020 Project Special Website

2014年度から開始された文部科学省の「ポスト「京」開発事業(フラッグシップ2020プロジェクト: FLAGSHIP2020 Project)」のもと、(1)スーパーコンピュータ「京」の後継機であるポスト「京」の開発・整備、および (2)ポスト「京」を用いて重点的に取り組むべき社会的・科学的課題(重点課題)に向けたアプリケーション開発が開始されました。また2016年6月には、萌芽的課題の実施機関が発表されました。

計算科学研究機構は、(1)ポスト「京」の開発主体として、その開発・整備を進めており、2020年頃からの運用開始を目指します。「京」で得られた研究成果や技術、運用経験を活かしながら、汎用性のある世界最高水準のシステムを、アプリケーションと協調的に開発します。

注: (2)ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題(重点課題・萌芽的課題)については、課題別の実施機関が実施します。

フラッグシップ2020プロジェクト

フラッグシップ2020プロジェクト: FLAGSHIP 2020 Project
次世代の技術に基づき、誰もが使いやすく、成果を出せるスーパーコンピュータであることと、日本をリードする役割(フラッグシップ)の意味を名称に込めています。
FLAGSHIP = Future LAtency core-based General-purpose Supercomputer with HIgh Productivity(将来のレイテンシ・コアに基づく汎用・高生産性スーパーコンピュータ)