理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
ポスト「京」の開発

課題実施機関(重点・萌芽的)

ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題(重点課題)を実施する日本の大学や研究機関は2015年から活動を開始しています。また2016年6月には、萌芽的課題の実施機関が発表されました。

1. 重点課題および実施機関

カテゴリー 重点課題名 選定実施機関
健康長寿社会の実現
生体分子システムの機能制御による革新的創薬基盤の構築
理化学研究所生命システム研究センター
(課題責任者:奥野 恭史・客員主管研究員)
京都大学、東京大学、横浜市立大学、名古屋大学、産業技術総合研究所、量子科学技術研究開発機構

個別化・予防医療を支援する統合計算生命科学
東京大学医科学研究所
(課題責任者:宮野 悟・教授)
京都大学、大阪大学、株式会社UT-Heart研究所、自治医科大学
防災・環境問題
地震・津波による複合災害の統合的予測システムの構築
東京大学地震研究所
(課題責任者:堀 宗朗・教授)
海洋研究開発機構、九州大学、神戸大学、京都大学

観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化
海洋研究開発機構
(課題責任者:高橋 桂子・センター長)
理化学研究所、東京大学、東京工業大学、東北大学、京都大学
エネルギー問題
エネルギーの高効率な創出、変換・貯蔵、利用の新規基盤技術の開発
自然科学研究機構 分子科学研究所
(課題責任者:岡崎 進・教授)
神戸大学、理化学研究所、東京大学、物質・材料研究機構、名古屋大学、岡山大学、北海道大学、早稲田大学

革新的クリーンエネルギーシステムの実用化
東京大学大学院工学系研究科
(課題責任者:吉村 忍・教授)
豊橋技術科学大学、京都大学、九州大学、名古屋大学、立教大学、日本原子力研究開発機構、宇宙航空研究開発機構、物質・材料研究機構、自然科学研究機構核融合科学研究所、みずほ情報総研株式会社、株式会社風力エネルギー研究所
産業競争力の強化
次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成
東京大学物性研究所
(課題責任者:常行 真司・教授)
筑波大学、大阪大学、自然科学研究機構分子科学研究所、東京工業大学、産業技術総合研究所、東北大学、横浜国立大学、名古屋工業大学、東京理科大学

近未来型ものづくりを先導する革新的設計・製造プロセスの開発
東京大学生産技術研究所
(課題責任者:加藤 千幸・教授)
神戸大学、東北大学、山梨大学、九州大学、宇宙航空研究開発機構、理化学研究所、東京理科大学
基礎科学の発展
宇宙の基本法則と進化の解明
筑波大学計算科学研究センター
(課題責任者:青木 慎也・客員教授)
高エネルギー加速器研究機構、京都大学、東京大学、理化学研究所、大阪大学、自然科学研究機構国立天文台、千葉大学、東邦大学、広島大学、神戸大学

 

2. 萌芽的課題および実施機関

萌芽的課題名 選定実施機関
萌芽的課題(1)
基礎科学のフロンティア - 極限への挑戦
東北大学 金属材料研究所
(課題責任者:久保 百司・教授)
他9機関
東京女子大学 現代教養学部
(課題責任者:荻田 武史・准教授)
他3機関
東京大学 大学院工学系研究科
(課題責任者:松下 雄一郎・助教)
萌芽的課題(2)
複数の社会経済現象の相互作用のモデル構築とその応用研究
理化学研究所 計算科学研究機構
(課題責任者:伊藤 伸泰・チームリーダー)
他12機関
東京理科大学 工学部
(課題責任者:藤井 孝藏・教授)
他3機関
萌芽的課題(3)
太陽系外惑星(第二の地球)の誕生と太陽系内惑星環境変動の解明
神戸大学 大学院理学研究科
(課題責任者:牧野 淳一郎・教授)
他8機関
萌芽的課題(4)
思考を実現する神経回路機構の解明と人工知能への応用
沖縄科学技術大学院大学 神経計算ユニット
(課題責任者:銅谷 賢治・教授)
他4機関
東京大学 先端科学技術研究センター
(課題責任者:神崎 亮平・センター長・教授)

フラッグシップ2020プロジェクト 特設サイトはこちら