理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
OVERVIEW 計算科学研究機構とは

HPCI システム技術チーム

「京」をはじめとする全国の大学や研究所などに設置されている主要なスパコンをネットワークで結び、利用者の多様なニーズに応える計算環境を実現する革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI – 下図参照)に関する技術開発などを行っています。また、各機関のスパコンや共用ストレージ等を、高速ネットワークなどを用いてHPCIとして共通で運用するため、システム運用の全体にわたる技術面での業務、及び対象となるHPCIシステムの構成機関等との技術調整業務、および共用ストレージの運用に取り組んでいます。

HPCIシステム
図:HPCIシステムは、HPCI構成機関である9大学の情報基盤センター等および理化学研究所 計算科学研究機構、海洋研究開発機構(JAMSTEC)により資源が供出されています。2014年7月より、統計数理研究所(ISM)がこれに加わります。(2014年7月からの構成)

 

主な業務

  • HPCIシステム構成機関等が参加する調整の場を設定・運営
  • HPCIシステム構成機関として共通運用に参加(HPCIシステムに計算資源を提供)を希望する機関に対して技術要件審査など
  • HPCIシステムの運用環境維持
  • HPCIシステムの運用に際して生じる技術的不具合の原因究明・対応策の検討
  • HPCIシステム全体の運用に係るソフトウェアの改良に関する検討等を実施
  • HPCI申請支援システムの開発業務
  • HPCI構成機関の一つである当機構のHPCI IdPとLogin Gatewayの運用保守管理
  • 共用ストレージ(西拠点)の運用保守管理

【HPCI関連ホームページ】
HPCI運用事務局: http://www.hpci-office.jp/
HPCIコンソーシアム:http://hpci-c.jp/

 

HPCIシステムの監視

各構成機関か提供する計算資源やネットワークの稼働状態、および帯域性能の定常監視を行っています。(図はクリックで拡大)

域性能監視 – perfSONAR BUOY
全体監視システム – Nagios/Nagvis
帯域性能監視 – perfSONAR BUOY
帯域性能監視 – perfSONAR BUOY

チームヘッド 平川 学

チームヘッド
平川 学( ひらかわ まなぶ)

アニュアルレポートRIKEN AICS Annual Report
FY2014
(PDF 2.47MB)