理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
OVERVIEW 計算科学研究機構とは

粒子系シミュレータ研究チーム

シミュレーションの手法には、「格子法」と「粒子法」があります。粒子法では、1個1個の粒子に数値を置き、粒子の運動を支配する方程式に従って計算を行います。例えば、天体を1つの粒子とみなし、天体と天体の間に働く重力に基づいて運動を計算することで、銀河の形成などをシミュレーションすることができます。粒子法は、原子・分子レベルから宇宙全体に至るまで自然界のさまざまな現象の研究に用いられてきましたが、これまで専門分野を超えた汎用的なソフトウェアはありませんでした。そこで私たちは、 「京」のような大規模並列型スパコンで高性能を実現でき、しかも汎用性に富む粒子法のソフトウェア開発に取り組んでいます。

PDF版 チーム紹介

図:原子・分子レベルから宇宙までを扱える粒子法ソフトウェアの開発

チームリーダー牧野淳一郎

チームリーダー
牧野 淳一郎
(まきの じゅんいちろう)

アニュアルレポートRIKEN AICS Annual Report
FY2015
(PDF 246KB)
FY2014
(PDF 1.60MB)
FY2013
(PDF 833KB)
FY2012
(PDF 1.16MB)