理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
OVERVIEW 計算科学研究機構とは

大規模並列数値計算技術研究チーム

気候予測や材料物性などのシミュレーションプログラムは、いくつかの数値計算アルゴリズム(数値計算を行わせる手順)を「部品」とし、これらを組み合わせてつくられます。「京」の計算性能を最大限に活かすには、「京」の規模や構成に合うように既存のアルゴリズムを見直すことが必要です。また、「京」や今後のスパコンで発生すると予想される問題に対応するために、新たなアルゴリズムの開発も必要になります。私たちは、こうしたアルゴリズムの見直しや開発を行うとともに、それらを誰もが使えるライブラリとして整備する研究を進めています。この研究はスパコン自体の高性能化や大規模化にも大きく貢献します。

PDF版 チーム紹介

図:高速・高精度シミュレーションのための数値計算ライブラリを整備

チームリーダー今村俊幸

チームリーダー
今村 俊幸(いまむら としゆき)

アニュアルレポートRIKEN AICS Annual Report
FY2014
(PDF 7.08MB)
FY2013
(PDF 4.58MB)
FY2012
(PDF 631KB)