理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
OVERVIEW 計算科学研究機構とは

計算構造生物学研究ユニット

タンパク質やRNAからなる生体分子複合体は遺伝情報の制御やタンパク質の合成、細胞内輸送などの生命活動に重要な役割を果たしており、それらの異常は様々な疾患を引き起こします。それらの機能を理解して治療につながる薬剤の開発につなげる為には、分子の構造と運動の情報を得ることが重要になります。しかし、これらの複合体は大きいため、幅広く使われている結晶構造解析法を使うことは難しいため、低温電子顕微鏡法やX線小角散乱などの手法が有効です。また新しい技術であるX線自由電子レーザー(XFEL)を構造解析に使う研究も進んでいます。しかし、これらの手法は原子レベルの情報を得ることはできないため、様々な計算機的手法を組み合わせた、原子モデルを構築する為のアルゴリズムが必要になってきます。当研究室は、京などの高性能計算機を利用して実験データから生体分子構造のモデル構築する手法の開発と創薬への応用を目指しています。

研究テーマ

  • 多様な実験データから生体分子の構造モデルを構築するツールの開発
  • 生体分子の運動を実験データから理解する手法の開発
  • 実験研究グループや製薬企業と連携しての生体分子機能の研究

ユニットリーダーFlorence TAMA

ユニットリーダー
Florence TAMA
(フロハンス タマ)

アニュアルレポートRIKEN AICS Annual Report
FY2014
(PDF 0.98MB)
FY2013
(PDF 2.28MB)
FY2012
(PDF 436KB)