理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
OVERVIEW 計算科学研究機構とは

複雑現象統一的解法研究チーム

現在、ものづくりの世界では、流体、熱、構造、音、化学反応などが複合した現象のシミュレーションへのニーズが高いのですが、複合現象のシミュレーションは「京」を使っても簡単ではありません。現象ごとにつくられた解析ソフトウェアを組み合わせる従来の方法では、「京」の性能を十分に引き出せないからです。そこで私たちは、複合現象を統一的に解析できるまったく新しいソフトウェアを開発し、「京」のユーザーに提供することをめざしています。このソフトウェアは、すべての現象に共通する統一型データ構造を用いることが特徴です。このソフトウェアで、未来のものづくりに貢献していきます。

PDF版 チーム紹介

図:未来のものづくりを支える新規ソフトウェアを開発

チームリーダー坪倉誠

チームリーダー
坪倉 誠(つぼくら まこと)

アニュアルレポートRIKEN AICS Annual Report
FY2014
(PDF 3.50MB)
FY2013
(PDF 7.67MB)
FY2012
(PDF 4.55MB)