理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
OVERVIEW 計算科学研究機構とは

粒子系生物物理研究チーム

「京」を活用して大規模な生体分子シミュレーションを行うと、今まで不可能だった細胞内のタンパク質分子の構造や動きを明らかにすることができます。そこで、私たちは、分子シミュレーションの計算を「京」の上で高速に行うための方法論とプログラムを開発し、「細胞環境シミュレーターGENESIS」というパッケージにして提供します。GENESISには、「マルチスケールマルチレゾルーション自由エネルギー計算法」、「レプリカ交換分子動力学法」、「分子動力学の並列化プログラム」が搭載されています。これらは、生命現象の理解に役立つとともに、創薬や分子設計を行うための基盤技術として貢献するものです。

PDF版 チーム紹介

図:生体分子の大規模シミュレーションで、生命現象を解明

チームリーダー杉田有治

チームリーダー
杉田 有治(すぎた ゆうじ)

アニュアルレポートRIKEN AICS Annual Report
FY2015
(PDF 9.02MB)
FY2014
(PDF 1.09MB)
FY2013
(PDF 7.02MB)
FY2012
(PDF 1.27MB)
FY2011
(PDF 846KB)