理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
OVERVIEW 計算科学研究機構とは

可視化技術研究チーム

可視化技術は、数値データであるシミュレーション結果を、直感的でわかりやすい画像やムービーに変換するための技術です。スパコンの高度化により、可視化技術にも新展開が求められています。各計算ノードが並列にデータを処理する「京」のために、私たちは、別々に作成された部分画像を統合する「並列可視化プログラム」の開発を進めています。また、さまざまな分野の研究者と、どのような可視化が必要かについて議論しています。こうした取り組みを経て、将来的には「京」のユーザーが必要とする可視化サービスを提供します。さらに、開発する可視化技術が未知の現象をとらえ、新たな科学的発見につながることも期待しています。

PDF版 チーム紹介

図:「京」に合わせた可視化技術を多くのユーザーに提供

チームリーダー小野謙二

チームリーダー
小野 謙二(おの けんじ)

アニュアルレポートRIKEN AICS Annual Report
FY2014
(PDF 2.65MB)
FY2013
(PDF 1.29MB)
FY2012
(PDF 4.43MB)