理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
Events/Documents イベント・広報

公開ソフト講習会

実習の様子計算科学研究機構(AICS)では、AICSやHPCI戦略プログラム等で開発または「京」向けに最適化したソフトウェアを公開しています。
これらのソフトウェアをより多くの方に使っていただくため、下記の講習会を開催しています。

2017年05月23日

公開ソフト講習会 2017年度「OACIS」(6月14日)

「OACIS」はオープンソースのシミュレーション実行管理フレームワークです。 計算機シミュレーションによって研究を行う際には「ある決められたパラメータやモデルで一度計算したら終わり」というようなことはほとんど無く、パラメ […]

2017年01月31日

公開ソフト講習会 2016年度 第22回「KMATHLIB」開催(3月28日)

「KMATHLIB」APIは共通のインターフェースを介して数値計算ライブラリを利用するためのAPIです。 ライブラリ毎に異なるデータ構造や使用方法等の違いは高度に抽象化されたAPIにより吸収されます。 これによりソフトウ […]

2017年01月31日

公開ソフト講習会 2016年度 第21回「SCALE」開催(3月15日)

「SCALE」は、気象・気候シミュレーションのためのオープンソースなライブラリ環境(気象モデルのための部品群)です。理研 計算科学研究機構の研究者を中心として、近年のスパコンの性能を十分に生かし、小規模から超大規模計算ま […]

2017年01月17日

公開ソフト講習会 2016年度 第20回「NTChem」開催(3月10日)

「NTChem」は一から設計をした新しい国産分子科学計算ソフトウェアです。「京」上で公開されており、一般利用が可能になっています。「NTChem」では既存の量子化学ソフトウェアの持つ多くの機能をカバーしつつ、他のプログラ […]

2017年01月17日

公開ソフト講習会 2016年度 第19回「FDPS」初級 - Fortran対応版 開催(3月8日)

「FDPS(Framework for Developing Particle Simulator)」は、「京」のような超大規模並列計算機の上で効率的に実行できる粒子系シミュレーションソフトウェアを容易に開発するためのア […]

2017年01月10日

公開ソフト講習会 2016年度 第18回「通信ライブラリおよびファイル I/O ライブラリ」開催(2月22日)

「京」で動作するアプリケーションの中には、計算に対し通信や I/O 処理が重いアプリ ケーションが少なからず存在します。このようなアプリケーションでは、「京」の足回りである通信トポロジや I/Oネットワークを考慮する必要 […]

2016年12月20日

公開ソフト講習会 2016年度 第17回「HIVE」開催(2月8日)

「京」の計算結果を「京」上でダイレクトに可視化できるソフトウェアHIVEの新バージョンをリリースします。新しいHIVEは、WEBブラウザベースの使いやすいユーザインターフェイスを備え、対象データを可視化する手順もシンプル […]

2016年12月9日

公開ソフト講習会 2016年度 第16回「GENESIS」開催(1月13日)

分子動力学法計算ソフト「GENESIS」は全原子モデルによる超並列分子動力学計算を行うSPDYNと全原子・粗視化モデルの両方を行うATDYNの二つのプログラムにより、細胞規模のシミュレーションから生体内反応の自由エネルギ […]

2016年10月28日

AICS公開ソフト講習会 2016年度 第15回「XcalableMP」(12月8日)

XcalableMP(XMP)はお手元のPCでも簡単に動かすことが出来る分散並列システム向けの新しい並列プログラミング言語で、どなたでも手に入れることのできるフリーソフトウェアです。 本ソフトは逐次プログラムを簡単に並列 […]