理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー

第113回

第113回
日時: 2017年6月7日(水)、15:30 – 16:30
場所: AICS 6階講堂

・講演題目:磁気流体計算とテスト粒子計算を用いた水星磁気圏研究
・講演者:八木 学(プログラミング環境研究チーム)
※発表は日本語、スライドは英語

講演要旨: 詳細を見る

講演要旨:
地球に代表される太陽系磁化惑星の磁気圏の多くは、超音速プラズマ流である太 陽風と双極子磁場の相互作用とで特徴づけられている。地球においてはこれま で、数々の衛星観測や数値計算、モデリングなどが行われてきた。一方でほとん どの研究が、地球という特定の対象に特化したある種のケーススタディであり、 より普遍的なプラズマ物理の観点からは、同様の磁気圏を持つ水星や木星磁気圏 との比較研究も重要であると考えられる。本研究は、磁気流体(MHD)シミュ レーションと、テスト粒子計算を組み合わせることで、水星磁気圏ダイナミクス の解明に挑む。