理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
Events/Documents イベント・広報

AICS Cafe

AICS Cafe(アイクス・カフェ)は、異分野融合のための足掛かりとして、計算科学研究機構(AICS)に集う研究者が井戸端会議的にざっくばらんに議論する場として、毎月2回程度予定しております。興味をお持ちの方は原則どなたでも参加可能です。

※AICS関係者以外の方は、事前に aics-cafe[at]riken.jp にお問い合わせください。
また、継続的な連絡をご希望の方にはメール配信をさせて頂きますので、同アドレスまでご連絡ください。

  • 目 的: 異分野間の壁を超えた研究協力を促進し、新しい学問分野の開拓を目指すため、 研究者間の情報交換・相互理解の場を提供し、研究協力のきっかけを作る。
  • 会 場:AICS 6階講堂(予定)
  • 言 語:講演は日本語/英語、スライドは英語
  • その他:講演者は他分野の方にも理解できる発表を心掛け、参加者は積極的に質問しましょう。

第133回
日時: 2018年3月6日(火)、時間調整中
場所: AICS 6階講堂

・講演題目:TBA
・講演者:TBA
※発表・スライド言語:TBA

講演要旨: TBA

第132回
日時: 2018年3月1日(木)、15:30 – 16:30
場所: AICS 6階講堂

・講演題目:The system and application of Sunway TaihuLight
・講演者:Zhao LIU (National Super Computing Center in Wuxi)
※発表・スライド共に英語

講演要旨: The Sunway TaihuLight is a Chinese supercomputer which, as of November 2017, is ranked number one in the TOP500 list as the fastest supercomputer in the world with a LINPACK benchmark rating of 93 petaflops. The Sunway TaihuLight uses a total of 40,960 Chinese-designed SW26010 manycore 64-bit RISC processors based on the Sunway architecture for a total of 10,649,600 CPU cores across the entire system. In this talk, I will give a brief introduction on the architecture of the supercomputer and SW26010 processor, as well as the acheivements we have made based on this supercomputer.

第131回
日時: 2018年2月14日(水)、15:30 – 16:30
場所: AICS 6階講堂

・講演題目:Beyond the Gold-Standard in Quantum Chemistry: An Efficient Single-reference Coupled Cluster Theory, with Multi-reference Correlation Effects, for Molecular Energetics and Spectra
・講演者:Rahul Maitra(量子系分子科学研究チーム)
※発表・スライド共に英語

講演要旨: 詳細を見る

Coupled Cluster (CC) Theory is the most accurate many-body ab-initio Quantum Mechanical Theory for predicting molecular energetics and spectra. Although many variants of CC have been developed, all of these methods have their own pros and cons in terms of computational efficiency and structural simplicity and thus their general usability. The single reference coupled cluster (SRCC) theory is conceptually simple and SRCC with singles, doubles and perturbative inclusion of triples excitation --the CCSD(T) method-- has established itself as the 'Gold Standard' in Quantum Chemistry. While there are more rigorous and robust methods, like multi-reference coupled cluster (MRCC) theory, the CCSD(T) remains a popular choice owing to its simplicity in structure. However, due to the steep scaling of the CCSD(T) method, achieving similar accuracy to MRCC with both structural simplicity and a lower scaling behavior remains an important area of research to handle large systems. Introducing the key concepts of SRCC and MRCC, I shall demonstrate how our recently developed methodology, which is termed as "iterative n-body excitation inclusive CCSD", bridges this gap. It accomplishes this by incorporating the essence of MR formalism into a simplified SR method. In my presentation, interesting application to molecules and dispersion bound complexes such as Hydrazine, Pyridine, Peptide-dimers etc. shall also be presented, which will clearly demonstrate the superiority of our current low scaling method against the 'Gold-Standard', while bypassing the difficulty of its high scaling and the complexity of MR structures. Finally, I shall conclude with a roadmap to handle strongly correlated molecular systems.

第130回(特別版 第2回
日時: 2018年2月1日(木)、14:30 – 15:30
場所: AICS 6階講堂

・講演題目:記憶と言語
・講演者:内田 樹(神戸女学院大学 名誉教授)
※発表は日本語。スライドはありません。

講演要旨: 詳細を見る

記憶は蓄積されるものではなく、編集されるものである。また時間は空間的には表象できず、文字の発生によって人間の時間意識が劇的 に変容した。

第129回(特別版 第1回
日時: 2018年1月16日(火)、15:30 – 16:30
場所: AICS 6階講堂

・講演題目:The strong interaction, the mass of the universe and supercomputers
・講演者:Prof.Zoltan Fodor(University of Wuppertal,Germany)
※発表・スライド共に英語

講演要旨: 詳細を見る

In particle physics, the strong interaction is the mechanism responsible for the strong nuclear force. It is described by a quantum field theory and due to its strength the underlying equations are strongly coupled. The only systematic way to solve them is by using leading edge supercomputers. Interestingly enough, the solutions to these equations answer many fundamental questions. They explain the mass of the visible universe. They tell us how the tiny mass difference between neutrons and protons are generated, which is the reason for the ignition of stars. These solutions might even help to answer the question about the origin of dark matter. The synergy between supercomputers and physics will be discussed in detail.

第128回
日時: 2018年1月10日(水)、15:15 – 16:15
場所: AICS 6階講堂

・講演題目:「悩みぐせを解消!・怒りぐせを解消!」気分も見た目も素敵な印象へ
・講演者:坂本弥生 (コミュニケーションサポート・ローズウッド)
※発表・スライド共に日本語

講演要旨: 詳細を見る

笑顔の表情筋が柔軟になると、自律神経を安定させてセロトニン活性につながると言われています。当セミナーでは「表情筋を柔軟にする」事で、どんな時にも平常心を取り戻し、明るい笑顔で毎日を送るコツを紹介します。パソコン・スマホに向かう時間が長い方・大笑いする機会が少ない方、直接話すより、メールやラインでの会話を好む方、嫌なことを何度も考える癖がある(マインドトーク)方にお勧めです。

第127回 (AICS Cafeと兵庫県立大の共同セミナー)
日時: 2017年12月19日(火)16:30 – 17:30
場所: AICS 1階セミナー室

・講演題目:Self-thinking and interaction in opinion formation
・講演者:Prof. Francesco Salvarani (Tenured researcher, Università degli Studi di Pavia, Italy)
※発表・スライド共に英語

講演要旨: 詳細を見る

We study a model which describes the evolution of the opinion in a closed community, by taking into account three main phenomena. The first one is the personal reasoning, the others are the binary exchanges of opinion between individuals and the effect of mass media. After introducing the model and explaining the sociological hypotheses on which it has been built, we will study some of its mathematical properties, with special emphasis to the formation of equilibrium and the effect of mass media.

第126回
日時: 2017年12月6日(水)、15:30 – 16:30
場所: AICS 6階講堂

・講演題目:バズワードとスーパーコンピュータとの関係を考える
・講演者:松葉浩也 チームリーダー (利用高度化研究チーム)
※発表は日本語・スライドは英語

講演要旨: 詳細を見る

「クラウド」「ビッグデータ」などのバズワードは侮れない存在である。現れては消える様々なバズワードに対し研究者は、定義が曖昧、学術的な新規性がない、経済的な意図が透けて見えるなどの理由で否定的な反応を示すことがある。このような批判的な見方は研究者の見識でもあるが、流行に人が集まり、それが実質的な価値を生む可能性までも否定してしまうと、技術の潮流を見誤ることになりかねない。 新生利用高度化研究チームのCafé初登場である今回は、流行の技術とスパコンの関りを通して「利用高度化」の具体的な姿を考えてみたい。実は今、スーパーコンピュータはかつてないほど流行のキーワードに接近している。AIが計算力と密接な関係にあることは言うまでもない。IoTでもスパコンが活躍できる可能性がある。これら新しい分野でスーパーコンピュータが活躍する姿を示すことができれば、自然とスーパーコンピュータに興味を持つ人も増加するはずである。今回のCaféでは、どのようにしてそのような状況を作り出すか、現時点でのチームの考え方を紹介する。

第125回
日時: 2017年11月15日(水)、15:30 – 16:30
場所: AICS 6階講堂

・講演題目:The SCALE-LETKF regional weather data assimilation system: achievements and prospects
・講演者:Guo-Yuan Lien (データ同化研究チーム)
※発表・スライド共に英語

講演要旨: 詳細を見る

We have been developing the SCALE-LETKF system, utilizing a regional weather model known as the Scalable Computing for Advanced Library and Environment-Regional Model (SCALE-RM) and an ensemble data assimilation method known as the Local Ensemble Transform Kalman Filter (LETKF). The primary goal of the system is to make use of observational data obtained from an advanced weather radar, the Phased Array Weather Radar (PAWR), in numerical weather prediction (NWP). This new type of weather radar can observe heavy precipitation systems densely both in space and in time, providing an important data source for advanced weather monitoring; however, its effective use in high-resolution NWP is a frontier research topic. We investigate this rapid-update, high-resolution data assimilation problem using the SCALE-LETKF. We have also been applying the SCALE-LETKF system for an experimental near-real-time NWP system in Japan and surrounding area. We run 5-day weather forecast for this area every 6 hours in near real time using the K computer. This has been running stably and has provided important guidance on the performance of the model and the data assimilation settings. In addition, this talk will also discuss about the computational aspect of the SCALE-LETKF development and some ongoing issues and prospects of the system.

第124回
日時: 2017年11月9日(木)、15:30 – 16:30
場所: AICS 6階講堂

・講演題目:量子アニーリングの研究開発の現状と課題
・講演者:田中 宗(早稲田大学 高等研究所 准教授・JSTさきがけ研究者(兼任))
※発表は日本語、スライドは英語

講演要旨: 詳細を見る

組合せ最適化処理を高速かつ高精度に実行すると期待されている量子アニーリングの研究開発は、ハードウェア開発、ソフトウェア開発、アプリケーション探索の三つの観点から活発に進められている。近年実現された量子アニーリングマシンを用いて組合せ最適化処理を行う際には、以下の段階で情報処理を行う。第一段階で、解きたい組合せ最適化問題をイジングモデルと呼ばれる統計力学模型に変換する。第二段階では、第一段階で得たイジングモデルを、量子アニーリングマシンの量子ビットネットワークに埋め込む。第三段階で、量子揺らぎを表現する横磁場を強く導入し、それを徐々に弱める。これにより得られた最終状態を測定し、結果を得るという計算技術である。
本講演ではまず、量子アニーリングの理論、及び主要な先行研究について紹介する。また、私が共同研究者と行った量子アニーリングの研究について述べる。更に、量子アニーリングが優れた計算技術となるために乗り越えるべき課題について紹介する。