理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
Learnmore もっと知りたい

「Spring School 2015」 講義4‐リオ-ダリング手法(1)

[ 2015年03月05日 ]

データ依存性の解決策、オーダリングについて(Red-Black, Multicolor(MC)、Cuthill-McKee(CM),Reverse-CM(RCM)、オーダリングと収束の関係)、オーダリングの実装、オーダリング付ICCG法の実装について解説をする。

※講義4・5「リオ-ダリング手法(1)(2)」から、講義6・7「OpenMPによる
並列化実装(1)(2)」の内容へ動画途中で推移していきます。資料は両講義のテキストを掲載しています。

※Flash動画に関しては、PC端末より閲覧頂くようお願い致します。
PDFファイルに関しては、ページ最下部よりダウンロード頂けます

0
講師プロフィール 「Spring School 2015」 講義4‐リオ-ダリング手法(1)
名前:中島 研吾 所属:東京大学 情報基盤センタースーパーコンピューティング研究部門 大学院情報理工学系研究科 数理情報学専攻兼担教授
略歴:外部ページ 著書:外部ページ

>> 資料ダウンロード1
Copyright © 理化学研究所 計算科学研究機構 http://www.aics.riken.jp/jp/

>> 資料ダウンロード2
Copyright © 理化学研究所 計算科学研究機構 http://www.aics.riken.jp/jp/

eラーニングアーカイブ カテゴリー

  • 講義(コースから探す方へ)
  • 講義(新着順に探す方へ)
  • 講演・シンポジウム
  • ダウンロード資料集