理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
Learnmore もっと知りたい

2016年度 第9回AICS公開ソフト講習会 「SCALE」①②③

[ 2016年09月07日 ]

• SCALEの存在意義
• SCALEで何が出来るか
• SCALEで何をやったか
• これからSCALEをどう発展させていくか、について講義を行う。
--------------------------------------------------------------------
SCALEは、気象・気候シミュレーションのためのオープンソースなライブラリ環境、
(気象モデルのための部品群)である。理研計算科学研究機構の研究者を中心として、
近年のスパコンの性能を十分に生かし、小規模から超大規模計算までを可能にする
ような工夫と、誰もが気軽に利用・開発に参加できるような環境整備が進められている。
本講習会では、前半にSCALEの概要と、SCALEを用いて構築された領域大気モデル、
SCALE-RMの概要について紹介を行ない、後半ではハンズオン形式によるSCALE-RMの
チュートリアル実習を行う。
---------------------------------------------------------------------
http://www.riken.jp/

※Flash動画に関しては、PC端末より閲覧頂くようお願い致します。

0
講師プロフィール 2016年度 第9回AICS公開ソフト講習会 「SCALE」①②③
名前:八代尚 所属:理化学研究所 計算科学研究機構 複合系気候科学研究チーム 研究員 
略歴:外部ページ

eラーニングアーカイブ カテゴリー

  • 講義(コースから探す方へ)
  • 講義(新着順に探す方へ)
  • 講演・シンポジウム
  • ダウンロード資料集