理化学研究所 計算科学研究機構

メニュー
メニュー
Learnmore もっと知りたい

分子動力学計算によるタンパク質の機能解析

[ 2015年11月25日 ]

計算生命科学の基礎Ⅱ
「分子動力学計算によるタンパク質の機能解析」
計算科学的手法の一種であり、古典力学に基づいて分子の動きをシミュレーションする分子動力学(MD)計算について、その基礎理論と計算方法を概説する。また、タンパク質を対象とした分子動力学シミュレーションを行う上で必要となる背景知識(特に、力場の取り扱い)や、計算手順、および解析法を紹介する。さらに、分子動力学計算の応用例として、タンパク質と低分子化合物との結合強度予測法(MP-CAFEE)および拡張サンプリングシミュレーションについて、実例を用いて紹介する。
プログラム詳細については下記を参照。
http://www.eccse.kobe-u.ac.jp/distance_learning/life_science2/

※Flash動画に関しては、PC端末より閲覧頂くようお願い致します。

0
講師プロフィール 分子動力学計算によるタンパク質の機能解析
名前:中津井 雅彦 所属:京都大学大学院医学研究科 助教
略歴:外部ページ 著書:外部ページ

eラーニングアーカイブ カテゴリー

  • 講義(コースから探す方へ)
  • 講義(新着順に探す方へ)
  • 講演・シンポジウム
  • ダウンロード資料集